冬に赤ら顔になりやすい原因と冬に顔が赤くならない様にする予防対策について

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126

男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 赤ら顔・肌トラブル > 冬に赤ら顔になりやすい原因と予防対策

冬に赤ら顔になりやすい原因と予防対策

赤ら顔は冬の寒い季節に起こりやすい症状です。寒い屋外から暖房の効いた暖かい室内に入った時など、気温の急激な変化に伴って発生します。そのメカニズムは、寒い屋外で収縮した顔の皮膚の毛細血管が、急な気温の変化で暖められて毛細血管が拡張したままになり、顔に赤みを発生させることによって起こります。

また、顔の皮膚が薄かったり肌の色が白かったりすると、余計にその症状が目立つことになります。冬に顔が赤くなるのを予防するには「食生活・寒さ対策・乾燥」に気を配ると良いでしょう。

冬に赤ら顔になりやすい原因

冬の寒い時に屋外から暖房の効いた室内に入ると、頬がポーと火照って真っ赤になることがあります。血管は寒いところでは収縮し、暖かいところでは拡張します。頬の皮膚は薄いので、毛細血管が拡張してうっ血した状態となり、気温の変化に十分対応できない為、毛細血管が拡張したままになって、皮膚の薄い頬が赤く見えてしまいます。

また、冬は空気が乾燥していますのでお肌も乾燥しがちです。お肌が乾燥していると、潤いを守るセラミドが十分な水分量を保つことができなくなり、冬の寒さも刺激になって皮膚表面の角質が剥がれやすくなってしまいます。そうなるとお肌のバリア機能が低下して外からの刺激にも過敏に反応してしまいます。特に冬は赤ら顔が気になる方には大変厳しい季節です。

冬に顔が赤くならない様にする予防対策

冬に顔が赤くならない様にする予防対策

冬に顔が赤くなるのをできるだけ予防するには、「食生活・寒さ対策・乾燥」に気を配ると良いでしょう。まず、食生活の対策ですが、香辛料は血管を拡張させやすいですので、唐辛子やコショウなどの香辛料が効いた食事はなるべく控えることが大事です。

急激な気温の変化も冬に赤ら顔になりやすくなる原因ですので、寒い外にいる時に冷気が顔に当たり、直接冷気が当たって顔を冷やしてしまえばしまうほど、暖房の効いた暖かい室内に入った時に毛細血管が拡張したままになって、顔が赤くなりやすくなります。寒い外にいる時は、冷たい風が顔に直接当たらない様に顔をマフラーやマスク、帽子で覆うようにし、寒さ対策を万全にしてお出掛けする様にしましょう。もちろん、顔以外の身体も冷やさない様に注意してください。

また、冬は空気が乾燥していますので、お肌の乾燥を防ぐ為にお肌の保湿ケアをしっかりと行う様にしましょう。そして洗顔時も肌を擦り過ぎない様に注意し、洗顔後はすすぎも十分に行って、必ずお肌に湿り気があるうちに素早く保湿ケアをするのがポイントです。

赤ら顔専用美容液 Nu:アカラフォーミュラ

赤ら顔専用美容液 Nu:アカラフォーミュラ

ヌーベルエステティックでは、赤ら顔でお悩みの方々の為に開発した「赤ら顔専用美容液 Nu:アカラフォーミュラ」をご案内しています。セイヨウサンザシエキス、アルカニ花エキス配合の赤ら顔専用美容液で、絶妙なレシピで繰り成す相乗効果が、今までの業界の常識を遥かに超えたクオリティを実現。赤ら顔にお悩みの方々が「最後に行き着く一本」を作ろうと一切の妥協をしないで完成させた自信作です。

赤ら顔専用美容液 Nu:アカラフォーミュラ

↑ PAGE TOP