肌が薄くなった原因を対策し健康な角質層を取り戻して赤ら顔改善

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126

男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 赤ら顔・肌トラブル > 肌が薄くなる原因と角質層改善

肌が薄くなった原因を対策し健康な角質層を取り戻して赤ら顔改善

赤ら顔で悩む人の多くは、頬や顔の皮膚が薄くなり、洗顔による刺激、乾燥や紫外線の影響を受けやすいという問題を抱えています。顔の皮膚が薄くなると毛細血管が透けて見えて、顔が赤く見えるようになります。また、皮膚の最も外側で外部からの刺激を和らげる役割を担っている角質層がダメージを受けますので、肌の免疫力が落ちてニキビや肌あれなどの炎症が起こりやすくなります。

薄い皮膚を健康な状態に戻すためには、角質層が健康になる必要があります。健康な角質層を取り戻せば、外部からの刺激から体を守るバリア機能がしっかり働くようになり、暑さや冷たさなどの温度差もゆっくりと伝わるようになります。健康な角質層は赤ら顔の改善にとても重要です。

肌が薄くなる原因と角質層改善

肌が薄くなる原因と角質層改善

顔の中で鼻や頬は出っ張っている部分ですので、摩擦や紫外線による刺激を受けやすいので、赤ら顔の症状が出やすい箇所です。赤ら顔の症状で悩んでいる人は、日頃行っている洗顔やクレンジング、ピーリングやマッサージをする時に、間違ったスキンケアの方法や、必要以上に肌を擦ってしまうことで、ご自分で皮膚を削ってしまっている場合が多いので注意が必要です。

また、化粧品の中にはピーリング剤などの肌に強い刺激のある成分を含んでいるものもありますので、肌を強く擦っていなくても、化粧品の影響で肌が削れて薄くなってしまう場合もあります。そして、間違ったスキンケアや肌に合わない化粧品の使用ををそのまま続けていると、お肌はどんどん傷んで角質が剥がれていき、やがてその下の顆粒層がむき出しになって、ビニール肌になってしまう場合もあります。

角質層が剥がれて皮膚が薄くなると、それまで保持していた水分が失われやすくなり、乾燥肌にもなってしまいます。乾燥肌も外部からの刺激を受けやすくなる為、皮膚が薄くなった場合と同様に肌に炎症を引き起こして、赤ら顔の原因となります。

また、加齢とともに肌弾力の元である真皮層のコラーゲンやエラスチンの量が減少します。そして、肌細胞を作り出す力も衰えてしまう為、年齢を重ねるとだんだん表皮も薄くなり、肌が薄くなってしまいます。アトピー性皮膚炎の治療薬として使用されるステロイド外用薬も長期的に使用した場合も、ステロイド外用薬は皮膚を薄くしてしまう副作用がありますので注意が必要です。角質層がもろくなることで、肌が刺激に弱い肌質になってしまい、ちょっとした刺激でも出血してしまうことがあります。特に顔は薬剤の吸収がよいので副作用が現れやすいため、慢性的な使用はなるべく控える必要があります。

肌が薄くなると炎症が起きやすい

肌が薄くなり免疫力が落ちると、ニキビや肌荒れで炎症が起こりやすい状態になりますが、炎症自体は免疫反応ですので、体を外部からの刺激から守る大事な働きです。炎症を起こさないためには、皮膚が薄くなった状態を改善し、健康な角質層を取り戻す必要があります。角質層が健康になれば、外部からの刺激から体を守るバリア機能が機能するようになり、表皮の水分保持量も増えます。暑さや冷たさなどの温度変化も急激に伝わらなくなりますので、毛細血管拡張による赤ら顔の症状の改善にもつながります。

薄くなった皮膚を改善する

肌が薄くなり免疫力が落ちると、ニキビや肌荒れで炎症が起こりやすい状態になりますが、炎症自体は免疫反応ですので、体を外部からの刺激から守る大事な働きです。炎症を起こさないためには、皮膚が薄くなった状態を改善し、健康な角質層を取り戻す必要があります。角質層が健康になれば、外部からの刺激から体を守るバリア機能が機能するようになり、表皮の水分保持量も増えます。暑さや冷たさなどの温度変化も急激に伝わらなくなりますので、毛細血管拡張による赤ら顔の症状の改善にもつながります。

健康な角質層を育てる

健康な角質層を育てるには、ご自分の肌に合う化粧品を使用してスキンケアを行い、日頃の生活習慣や食生活に気を付ける必要があります。もし下記の内容で改善する点があれば参考にして下さい。

  • お化粧は控えめにして、洗顔する時は刺激の少ない純石鹸を使用する。
  • 洗顔する時は、肌を必要以上に擦らないように注意して、すすぎを十分に行い、石けんが残らないようにする。
  • 肌の乾燥に注意して保湿に注意する。
  • たんぱく質、脂質を多く摂り、それらを働かせるビタミンCを十分に摂る。
  • 外出時は紫外線対策を行う。
  • 服装などでコマ目に体温調節する(温熱、寒冷対策)

赤ら顔改善 マグネテラピー美容法

マグネテラピー美容法


↑ PAGE TOP