酒さによる赤ら顔|酒さ症状の分類と悪化させないセルフケアのポイント

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126

男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 赤ら顔・肌トラブル > 酒さ

酒さについて

脂漏性皮膚炎の症状・原因・ケア

酒さとは、鼻を中心とした頬や額、眉間などの毛細血管が拡張して、顔面の中心付近が赤くなる赤ら顔の症状のことです。「酒」という文字が含まれていますが、アルコールが原因となって表れる症状ではありません。しかし、まるで、お酒を飲んだ時の様に顔面が赤くなるのが酒さの特徴です。

酒さは皮膚が薄い人、肌の白い人、更年期にさしかかった女性などに多く見られる症状で、紫外線やアレルギー、ビタミン不足やストレス、急な温度差や刺激の強い化粧品、ダニの感染などが関係していると考えられています。しかし、まだ明確な原因は分かっておりません。ニキビやアトピー性皮膚炎など、酒さ以外の赤ら顔の症状とも似ている為、病院での診察でも酒さと診断されない場合もあります。下記の症状がなかなか改善できない場合は、酒さの可能性もあります。

  • 鼻を中心とした頬や額、眉間などの赤みがなかなか消えない。
  • 顔が火照って熱く感じる。
  • 少し太めの血管が赤い糸くずの様に見える。
  • 少し太めの血管が赤い糸くずの様に見える。
  • 鼻を中心にニキビの様な膿疱できている。また、膿疱が悪化して鼻の頭がコブの様に盛り上がっている。
  • 急な温度差を感じた時や紫外線を浴びた日に、顔の赤みや発疹がひどくなる。

酒さ症状の分類

酒さはその症状によって、下記の3段階に分類されています。

【第1度(紅斑性酒さ)】

鼻を中心とした頬や額、眉間などが火照りを伴って赤くなり、毛細血管が拡張して少し太めの血管が赤い糸くずの様に見え、皮脂の分泌も多くなります。この段階では痒みが少なく、顔の火照りを感じます。

【第2度(酒さ性ざ瘡)】

第1度の紅斑性酒さの症状に加えて、ニキビの様な発疹や膿疱ができ、皮脂の分泌が多くなります。

【第3度(鼻瘤)】

ニキビの様な発疹や膿疱が密集してでき、膿疱が悪化して鼻などがミカンの皮状に肥大する場合があります。皮脂の分泌は第2度に比べて更に多くなります。

酒さを悪化させないセルフケアのポイント

酒さは慢性の疾患で、根本的な原因も解明されておらず、一度症状が出てしまうと完治が難しく対処療法で症状を緩和していくことになります。酒さの疑いがる場合は、症状が軽度な内に早めの対策をすることが大切です。

症状を悪化させないことが重要ですが、過度の紫外線や急な温度差による刺激を出来るだけ避け、アルコールや香辛料などの刺激物の摂取も控える様にします。また、ストレスを抱えない様に注意します。

日傘や帽子、日焼け止めなどを使って紫外線を避けるのも有効ですが、酒さの症状が出ている時は、肌が敏感になっていますので、日焼け止めを使用する時は刺激の少ないものを使用します。また、洗顔や化粧品も赤くなった肌に刺激を与えないアイテムを選んで使用して下さい。

赤ら顔専用美容液と洗顔石鹸

シンプルスキンケアのご紹介

Nu:アカラフォーミュラ(赤ら顔専用美容液)

Nu:アカラフォーミュラ(赤ら顔専用美容液)

美容液は「赤ら顔専用美容液のNu:アカラフォーミュラ」がおススメです。セイヨウサンザシエキス、アルニカ花エキスが配合されており、お肌のお手入れはこれ1本でOKです。一般の化粧品に比べて、約20倍以上の水溶性コラーゲンを使用しており、お肌のケアと一緒に美肌への再生を手助けします。また、保湿力も高く乾燥肌にも最適です。トロッとした感触とリッチな使用感が体験いただけます。

Nu:アカラフォーミュラ

洗顔石鹸 Nu:モロカンクレイソープ

洗顔石鹸 Nu:モロカンクレイソープ

ヌーベルエステティックでは、洗顔石鹸は「Nu:モロカンクレイソープ」をおススメしています。「ガスール & アルガンオイル配合」で吸着力と洗浄力に優れ、天然ミネラルが豊富なお肌に優しい洗顔石鹸です。潤いを残しながら汚れを落としますので、赤ら顔やお肌にお悩みがある方におススメです。特別な製法により、1個1個丹念に手作りしていますので、手のぬくもりとモロッコ古来の知恵が感じられる特別な石鹸です。

Nu:モロカンクレイソープ


↑ PAGE TOP