赤ら顔とストレス、そして自律神経との関係

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126

男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 赤ら顔・肌トラブル > 赤ら顔とストレス

赤ら顔とストレスの関係|ストレスも赤ら顔の原因になります。

赤ら顔とストレスの関係

ストレスも赤ら顔の原因になります。赤面症などの赤ら顔の症状は、緊張することによってストレスを感じた時に顔に赤みを帯びてしまいます。また、顔が赤くなっていることを自覚して、それを気にすることで更にストレスを感じてしまいます。ストレスを感じた時に赤ら顔になってしまう場合は、ちょっとした開き直りなどが必要になります。

人前で話す時などに感じる緊張は、一種のストレスと言えます。人前で話す時に赤ら顔になる方の多くは、スピーチの内容や話し方を完璧に行おうとするあまり、自分に高いハードルを設定して、極度の緊張状態でストレスを感じています。この様な場合は、少し考え方を変えて「普段通りに話せば良い」と開き直ってしまうことや、他人の視線を気にし過ぎないことが、人前で話す時などに感じるストレスによる赤ら顔の改善には必要です。

自分にあまり高過ぎるハードルを設定せず、許容範囲を広げることだけでもリラックスできるようになります。「少しくらい失敗して顔が赤くなっても構わない」と考えて人に接することで、人前でストレスを感じて赤ら顔になるケースが徐々に改善していく場合もあります。


また、人前でストレスを感じて赤ら顔になってしまう赤面症は、自律神経の働きも関係しています。自律神経の一種である交感神経が、ストレスを感じた時に興奮状態になって活性化され、急激に毛細血管にたくさんの血液を送り込んで、顔の毛細血管を拡張させてしまうので、赤ら顔の症状が出てしまいます。

ストレスを感じた時に活性化される交感神経とは別に、リラックスしている状態で活性化される副交感神経があります。副交感神経を活性化させることで、赤ら顔の症状を軽減できる場合もありますが、副交感神経を活性化する為には、腹式呼吸や深呼吸が効果があると言われています。ストレスを感じた時に腹式呼吸や深呼吸をすることで、リラックス効果を得ることができますので、人前でストレスを感じた時の赤ら顔解消策として多少の効果を期待できます。

ストレスや緊張で顔が赤くなる症状は、誰にでも起きる症状です。その症状の度合いにもよりますが、必要以上に神経質にならず、症状が軽くてすぐに血の気が引くのであれば、あまり気にしないことも大切です。

マグネテラピー美容法・赤ら顔専用美容液・洗顔石けん

マグネテラピー美容法で赤ら顔改善

当サロンでは赤ら顔でお悩みの方々に「マグネテラピー美容法」をご案内しております。マグネテラピー美容法は、微弱電流を応用した美容機器で皮膚細胞を刺激し、肌の自然治癒力を促す自然で安全なエステティックです。

マグネテラピー美容法

マグネテラピー美容法

Nu:アカラフォーミュラ(赤ら顔専用美容液)

Nu:アカラフォーミュラ(赤ら顔専用美容液)

美容液は「赤ら顔専用美容液のNu:アカラフォーミュラ」がおススメ! セイヨウサンザシエキス、アルニカ花エキスが配合されており、お肌のお手入れはこれ1本でOKです。一般の化粧品に比べて、約20倍以上の水溶性コラーゲンを使用しており、お肌のケアと一緒に美肌への再生を手助けします。また、保湿力も高く乾燥肌にも最適です。トロッとした感触とリッチな使用感が体験いただけます。

赤ら顔専用美容液 Nu:アカラフォーミュラ

洗顔石鹸 Nu:モロカンクレイソープ

Nu:モロカンクレイソープ(洗顔石けん)

ヌーベルエステティックでは、洗顔石鹸は「Nu:モロカンクレイソープ」をおススメしています。「ガスール & アルガンオイル配合」で吸着力と洗浄力に優れ、天然ミネラルが豊富なお肌に優しい洗顔石鹸です。潤いを残しながら汚れを落としますので、赤ら顔やお肌にお悩みがある方におススメです。特別な製法により、1個1個丹念に手作りしていますので、手のぬくもりとモロッコ古来の知恵が感じられる特別な石鹸です。

Nu:モロカンクレイソープ


↑ PAGE TOP