間違ったスキンケアで赤ら顔になる肌への刺激・敏感肌や肌の薄い方は注意が必要

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126

男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 赤ら顔・肌トラブル > 間違ったスキンケアで赤ら顔

間違ったスキンケアで赤ら顔になる肌への刺激・敏感肌の方は注意

間違ったスキンケアで赤ら顔

肌をきれいにするために行なっている毎日の間違ったスキンケアが、肌に刺激を与え続けて、実は肌を痛め慢性的な炎症を起こし、赤ら顔になっている場合があります。

子供の頃はアトピー性皮膚炎などの症状が出ていなくても、大人になってお化粧をするようになると、肌が荒れてくる場合があります。これはメイクやクレンジングによる肌への刺激が影響していると考えられます。

様々な化粧品が市販されていますが、肌に合わない化粧品を使い続けると肌荒れの原因になりますが、きれいな肌になろうとして肌をこすり過ぎると、良かれと思って行っているスキンケアが、肌に刺激を与え過ぎて炎症を起こしている場合があります。ニキビのケア、シワやたるみ、毛穴のケア、くすみやシミの予防やケアで、つい力が入ってしまいゴシゴシとこすり過ぎてしまう様です。

また、ローションやクリームを付ける時に、肌に軽い刺激を与えて肌に染み込ませようとして、ローションやクリームをパンパン・パタパタと顔に叩いて付けていると、敏感肌やもともと赤ら顔で皮膚が薄くなっている人には強い刺激になってしまいます。

スキンケアで肌に良くない3つの刺激

個人差はありますが、スキンケアで肌に良くない刺激としては、主に以下の3つが挙げられます。

スキンケア

(1)肌に合わない化粧品

薬剤がしみ込んだコットンやティッシュで、拭き取りタイプのクレンジングをしている人は、コットンやティッシュによる摩擦が刺激になり、肌荒れを引き起こしてしまう場合があります。敏感肌で肌がデリケートな人は、敏感肌用の化粧品を使用して、説明書をよく読んでから使用すること大事です。

(2)強くこすり過ぎる

化粧品を肌に染み込ませようとして、必要以上にこすり過ぎたりすると、刺激を与え過ぎて炎症を起こしてしまいます。また、フェイスマッサージも肌をこすることになり、強い指圧で肌に負担をかける場合もありますので注意が必要です。

(3)ローションやクリームをパンパン・パタパタと叩いて顔に付ける

コットンやパフ、手のひらなどで、ローションやクリームを叩いて付ける方法は、肌に刺激を与えてしまいます。赤ら顔や敏感肌の人にとっては、より強い刺激になり、炎症を起こして顔がより赤くなりやすくなってしまいます。


間違ったスキンケアが原因で、肌が慢性的な炎症を起こして毛細血管が目立つ様になり、赤ら顔になる人もいます。特に敏感肌の人は、自分の肌に合った化粧品を使用して、肌に刺激を与えない方法でスキンケアを行うことが大切です。

洗顔と美容液だけでシンプルスキンケア

シンプルスキンケア:洗顔と美容液だけで良い

シンプルスキンケアのご紹介

Nu:アカラフォーミュラ(赤ら顔専用美容液)

Nu:アカラフォーミュラ(赤ら顔専用美容液)

美容液は「赤ら顔専用美容液のNu:アカラフォーミュラ」がおススメです。セイヨウサンザシエキス、アルニカ花エキスが配合されており、ビニール肌のお手入れはこれ1本でOKです。一般の化粧品に比べて、約20倍以上の水溶性コラーゲンを使用しており、お肌のケアと一緒に美肌への再生を手助けします。また、保湿力も高く乾燥肌にも最適です。トロッとした感触とリッチな使用感が体験いただけます。

Nu:アカラフォーミュラ

洗顔石鹸 Nu:モロカンクレイソープ

洗顔石鹸 Nu:モロカンクレイソープ

ヌーベルエステティックでは、洗顔石鹸は「Nu:モロカンクレイソープ」をおススメしています。「ガスール & アルガンオイル配合」で吸着力と洗浄力に優れ、天然ミネラルが豊富なお肌に優しい洗顔石鹸です。潤いを残しながら汚れを落としますので、ビニール肌や赤ら顔でお悩みの方はもちろん、敏感肌やアトピー肌の方におススメです。特別な製法により、1個1個丹念に手作りしていますので、手のぬくもりとモロッコ古来の知恵が感じられる特別な石鹸です。

Nu:モロカンクレイソープ


↑ PAGE TOP