脂漏性皮膚炎による赤ら顔の症状と原因、改善するためのケアについて

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126

男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 赤ら顔・肌トラブル > 赤ら顔と血液の関係

赤ら顔の症状と血液や血圧との密接な関係

赤ら顔で顔が赤く見えるのは、毛細血管の中を流れている血液の赤い色が大きく関係しています。毛細血管の拡張や肌トラブルで皮膚が薄くなったり、冷え性や高血圧で血行不良で、毛細血管の血液の色が透けて見える様になります。

赤ら顔の症状が出る原因と血液や血圧、血行不良との密接な関係

赤ら顔と血液や血圧、血行不良との密接な関係

赤ら顔の症状が出る原因には「毛細血管の拡張・皮膚の薄さ・ニキビの炎症・脂漏性皮膚炎・薬やアルコールの影響・アトピー性皮膚炎・温度変化の影響・酒さ」など、様々な原因が考えられますが、赤ら顔で顔が赤く見えるのは、毛細血管の中を流れている血液の赤い色が大きく関係しています。

人によって赤ら顔の症状が出る箇所は異なり、顔全体が赤くなる人、頬が赤くなる人、目の周りが赤くなる人、鼻が赤くなる人、耳たぶが赤くなる人など様々ですが、すべて炎症や毛細血管の血液の赤い色が関係して透けて赤く見える状態です。

毛細血管は顔だけでなく全身にありますが、特に顔の皮膚は他の体の箇所と比べると薄く、毛細血管も集中している為、赤ら顔の症状が出やすい箇所と言えます。毛細血管は皮膚の表皮の下の真皮の中にあり、通常は血液の色が透けて赤く見えることはありません。しかし、毛細血管の拡張や肌トラブルで表皮が剥がれたりするダメージを受けると、通常では見えないはずの毛細血管の血液の色が透けて見える様になります。

この様に赤ら顔の症状は、ニキビなどの炎症や肌トラブルで表皮がダメージを受けて皮膚が薄くなっている人、毛細血管拡張症などで毛細血管の収縮が弱い人に起きます。自律神経の関係で交感神経が緊張してしまう結果、毛細血管が拡張した状態が続くと、うっ血した状態となり、寒い冬の時期に暖房の効いた室内に入った時や、夏の暑い時に急に冷房の効いた室内に入った時などに、急な気温の変化に十分対応することができなくなり皮膚が薄い人程、血液の色が透けて顔が赤く見えてしまいます。

また、血液の循環が悪い人や生理不順の人も赤ら顔の症状が出やすいと言われています。生理不順はホルモンバランスの乱れが関係して起きますが、血行不良による冷え性も血流の流れが悪くなり、赤ら顔の原因になっていることがあります。赤ら顔が赤く見えるのは、毛細血管の血液の色ですので、赤ら顔と血液は密接に関係しています。

赤ら顔は血圧とも関係しています。高血圧で血圧が高い状態になると、体内の血液循環に影響して血行不良状態が起き、赤ら顔の症状が出る場合もあります。高血圧は赤ら顔だけでなく、諸々の成人病や生活習慣病を引き起こす原因となりますので注意が必要です。

赤ら顔専用美容液・マグネテラピー美容法

Nu:アカラフォーミュラ(赤ら顔専用美容液)

Nu:アカラフォーミュラ(赤ら顔専用美容液)

美容液は「赤ら顔専用美容液のNu:アカラフォーミュラ」がおススメ! セイヨウサンザシエキス、アルニカ花エキスが配合されており、お肌のお手入れはこれ1本でOKです。一般の化粧品に比べて、約20倍以上の水溶性コラーゲンを使用しており、お肌のケアと一緒に美肌への再生を手助けします。また、保湿力も高く乾燥肌にも最適です。トロッとした感触とリッチな使用感が体験いただけます。

赤ら顔専用美容液 Nu:アカラフォーミュラ

マグネテラピー美容法で赤ら顔改善

当サロンでは赤ら顔でお悩みの方々に「マグネテラピー美容法」をご案内しております。マグネテラピー美容法は、微弱電流を応用した美容機器で皮膚細胞を刺激し、肌の自然治癒力を促す自然で安全なエステティックです。

マグネテラピー美容法

マグネテラピー美容法


↑ PAGE TOP