赤ら顔の正体は血液の色|真皮に密集している毛細血管を流れる血液の赤い色が表皮を通して透けて見える。

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126

男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 赤ら顔・肌トラブル > 赤ら顔の肌の赤みは毛細血管の血液の色

赤ら顔は血液の色が透けて見えるので顔が赤く見える

赤ら顔の赤い色の正体は血液の色です。皮膚は表面から表皮→真皮→皮下組織に分けられますが、真皮に密集している毛細血管を流れる血液の赤い色が表皮を通して透けて見えます。赤ら顔とは特に毛細血管が拡張した状態で、毛細血管内の血流が滞ってしまうため肌に赤みが生じます。この症状は血液の拡張によるもの、表皮が薄くなっているため血液の色が透けて見えやすくなって目立つもの、ニキビや肌荒れなどが原因で炎症が起きて赤くなっているもの、もしくはそれぞれのが原因が併発して症状が出ている場合もあります。特に鼻や頬の皮膚は他の箇所と比べると薄いので、赤く見えやすく症状が出やすい箇所となります。

赤ら顔の肌の赤みは毛細血管の血液の色

赤ら顔の赤い色の正体は血液の色

マグネテラピー美容法の赤ら顔改善例

恥ずかしい思いをしたり緊張したり興奮すると、顔が赤くなることがあります。大抵の人は一時的な症状ですので、しばらく経つと顔の赤みは自然に元の肌色に戻ります。ところが赤ら顔でお悩みの方は、なかなかこの顔の赤みが引かなかったり、急激な温度変化などの環境変化の影響で、すぐに顔が赤くなってしまいます。

赤ら顔の赤い色の正体は血液の色です。皮膚は表面から表皮→真皮→皮下組織に分けられますが、真皮に密集している毛細血管を流れる血液の赤い色が表皮を通して透けて見えます。このことから皮膚が薄い人ほど、赤ら顔の症状が出やすいと言えます。

赤ら顔とは特に毛細血管が拡張(うっ血状態)した状態で、毛細血管内の血流が滞ってしまうため肌に赤みが生じます。この症状は血液の拡張によるもの、表皮が薄くなっているため血液の色が透けて見えやすくなって目立つもの、ニキビなどが原因で炎症が起きて赤くなっているもの、もしくはそれぞれのが原因が併発して症状が出ている場合もあります。

顔の皮膚の毛細血管は、自律神経の働きで拡張したり収縮したりして、毛細血管内の血液が流れる速度と血流量を調整しながら、環境の変化に順応しようとしています。血液の赤い色の元は赤血球に含まれているヘモグロビンの色ですが、ヘモグロビンは栄養や酸素を運びこんだり、体温調整したり、老廃物を運び去ったりする役目をしています。

毛細血管拡張症

顔の中でも唇の表皮は非常に薄いので、毛細血管の血液の赤い色が目立つ部分です。顔の皮膚の真皮内の毛細血管密度は高く、特に頬は毛細血管の密度が高い為、温度変化などの環境の影響を受けて毛細血管が拡張して、顔の火照りを感じたり赤ら顔の症状が出てしまいます。

赤ら顔の症状が出るのは、自律神経の働きによる血管の拡張が原因となっているケースが多く、赤ら顔のお悩みで最も多いのが、この毛細血管拡張症です。特に鼻や頬の皮膚は他の箇所と比べると薄いので、赤く見えやすく症状が出やすい箇所となります。

マグネテラピー美容法で赤ら顔改善

マグネテラピー美容法は、微弱電流を応用した美容機器で皮膚細胞を刺激し、肌の自然治癒力を促す自然で安全なエステティックです。そもそも人間には病気やキズなどを自分で治す力「自然治癒力」が備わっています。マグネテラピー美容法により、本来人間が持っている自然治癒力を引き出し、健康な素肌を取り戻させます。さらには、真皮まで届く微弱電流が真皮細胞の新陳代謝を促進させ、痛んだ皮膚に細胞賦活作用をもたらし、赤ら顔などの皮膚トラブルを改善します。

マグネテラピー美容法

マグネテラピー美容法


↑ PAGE TOP