赤ら顔、シミやキズ・ヤケド跡のレーザー治療の現状とリスクや失敗事例について

お問合せ・資料請求
Tel.03-5731-2244

男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > レーザー治療について

赤ら顔のレーザー治療をお考えの方へ・・・

レーザー治療でもない! フォトフェイシャルでもない!
マグネテラピー美容法

  • 赤ら顔レーザー治療の現状とリスク
  • 赤ら顔レーザー治療の失敗事例
  • 赤ら顔レーザー治療の頻度と費用

レーザー治療の現状

赤ら顔、シミやキズ跡、ヤケド跡など肌トラブルの改善に最近ではレーザー治療が主流のため、肌・皮膚トラブルの改善にレーザー治療をご検討になられる方も多いのが現状です。

しかし、レーザー治療は、良い部分ばかりクローズアップされておりますが、安易に赤ら顔のレーザー治療を選択する前に、まずレーザー治療にはリスクがあり、新たにヤケド跡やシミを作ってしまう様なリスクや失敗例も少なくないこと。そして、1回のレーザー治療で改善できるのではなく、費用も高額であることを認識する必要があります。

赤ら顔レーザー治療のメカニズム

赤ら顔治療のとして、レーザー治療は一般的に知られている方法ですが、そのメカニズムなどについての参考例です。 レーザー光を照射することによって発生する熱エネルギーを利用して治療効果を出す方法ですので、新たにやけど跡やシミを作ってしまう危険性があります。

レーザー治療とは、レーザー光を照射することによって発生する熱エネルギーを利用して治療効果を出すという方法ですが、レーザー光は目に見える光である可視光線がありますが、それ以外にも目に見えないものもあり、その種類によって波長の違いがあります。

レーザー治療は、組織の切開や蒸散、止血、殺菌、皮膚においては、ほくろなどの除去、シミなどを消すことに用いられますが、光には色々な種類があり、レーザー治療もどの波長の光を使用するかによって異なります。

レーザー治療はリスクのある施術方法

皮膚を改善する赤ら顔のレーザー治療は、キズ跡やほくろなどと同じ種類の光やマシンで行われているわけではありません。

赤ら顔の原因がメラニン系なのか、血管系なのか、その他の原因なのか、医師が判断して適切なマシンを使い治療が行われます。

但し、レーザー治療はリスクのある施術方法ですので、成功例の背景に失敗例がどれだけあるかは分かりません。当サロンのお客様の中にもレーザー治療を経験された方が多くいらっしゃいますが、効果を得られなかったという方々がほとんどです。

レーザー治療失敗後の回復実例

レーザー治療のマシン名や種類

皮膚の改善に使用するレーザー機器の種類は色々ありますが、赤ら顔の改善治療に用いられるレーザー治療の一部をご紹介いたします。

ヤグレーザー

血管の細部までレーザーの熱エネルギーを与えることができます。また、反射作用による皮膚表面のピーリング効果もあります。

Vスターレーザー

血液の中の酸化ヘモグロビンに吸収されて、拡張した毛細血管を破壊し、冷却作用により痛みやダメージを抑えながら、赤ら顔の赤みを改善するレーザー治療です。赤ら顔、毛細血管拡張症のほか、赤みのあるニキビやニキビ跡の改善にも用いられます。

ダイオードレーザー

低出力・低エネルギーレベルのレーザーです。表面に浮いた血管やうっ血してしまった血液を溜まりにくくして、新陳代謝の活発化と血行改善などの効果があります。


その他にもレーザーの種類はありますが、数種類のマシンを組み合わせる場合もあります。

赤ら顔レーザー治療のリスク・デメリット

レーザー治療は、リスクと費用が高いというデメリットがあります。

赤ら顔、シミやキズ跡、ヤケド跡など肌トラブルの改善にレーザー治療を行っているクリニックは多いですが、トラブルも多く、新たにヤケド跡やシミを作ってしまうなどの失敗例も多いと聞きます。

敏感になっている赤ら顔の状態によっては、レーザー治療を行った事が原因となり、更に赤みを悪化させてしまう場合もあります。また、施術後は肌に痛みが残ったり、肌が不安定な状態になり、炎症やシミなどができやすい状態になるため、ご自身でのケアも大変重要となり、リスクが高い美容法と言えます。

  • 治療時に痛みがあり、体への負担が大きい。
  • 施術箇所のカサブタ等が目立ち、紫外線の影響を受け易い。
  • 治療前に自分が思っていた様な効果が必ず出るとは限らない。
  • 何度もクリニックに通う必要があり費用も高額なので、金銭的な負担が大きい。
  • 治療結果がドクターの経験やマシンの性能に左右される。

↑ PAGE TOP