赤ら顔になりやすい体質や肌質、敏感肌やアトピー肌の方は炎症の繰り返しに注意

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126

男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 赤ら顔・肌トラブル > 赤ら顔になりやすい体質や肌質

赤ら顔になりやすい体質や肌質、肌トラブル・炎症の繰り返しに注意

赤ら顔には様々な種類と原因がありますが、生まれつきの体質や肌質が原因のものと、そうでないものがあります。当然、個人差はありますが、生まれつき皮膚が薄い方もいますので、そんな方は赤ら顔になりやすい体質や肌質と言えます。

体質による赤ら顔と、そうでない赤ら顔

赤ら顔になりやすい体質や肌質

緊張やストレスの影響

緊張やストレスで顔が真っ赤になってしまう「赤面症」は、体質に由来することが多いですので、赤面症を治すためにはメンタル的なアプローチとケアによる治療が必要です。

お酒・アルコールの影響

お酒を飲んだ時に顔が赤くなる方と、赤くならない方がいますが、これはアルコールに対する免疫力の個人差やアルコールの消化不良によるもので、体質の差が影響しています。この場合、ノンアルコール飲料にしたり、お酒を飲む量を控える。お酒を飲む前に肝機能の働きを促進する栄養ドリンクを飲んでおくことで、赤ら顔になりにくくできる場合もあります。また、お酒を飲み慣れてくると、顔が赤くなりにくくなるようですが、その時の体調なども影響しますので、完全に治そうとすると大変です。

皮膚が薄い

赤ら顔の典型的な例で、鼻の周りや頬が赤くなる方や、気温の変化で赤くなる方は、皮膚が薄いため血管が透けてしまっていることによる赤ら顔です。個人差はありますが、生まれつき皮膚が薄い方もいらっしゃいます。そんな方は赤ら顔になりやすい体質と言えます。

但し、大半の方は自分で皮膚を削ってしまっているのが原因で、赤ら顔になっているケースが多いです。洗顔する時に必要以上に肌を擦っていたり、マッサージを頻繁に行っている。また、肌が弱いのにスキンケアでピーリングを取り入れたり、ピーリング剤が含まれているものを多用していると肌が削れてしまいます。レーザー治療やフォトフェイシャルなどもやり過ぎると皮膚を薄くしてしまいます。人間の皮膚の表面の角質層はとても薄く、僅か0.02mmしかありませんので、間違ったスキンケアによってお肌は大きく影響を受けてしまいます。

肌を保護している角質層を削ってしまい肌が薄くなると、血管が透けて見えやすくなるだけでなく、免疫力が低下して肌あれやニキビなどの炎症が起こることで、皮膚そのものが赤くなり、赤ら顔が更に悪化してしまう可能性があります。

敏感肌やアトピー肌などの肌トラブルがある方は要注意

肌が荒れてしまうと、ニキビや吹き出物、かぶれ等で炎症が起きるため皮膚が赤くなりますが、これらは更に悪化して強い赤ら顔に発展する可能性があります。敏感肌やアトピーで肌が弱い方は、一度炎症を起こしてしまうと、その部分の免疫力が落ちますので、雑菌が繁殖しやすくなり、新たな肌トラブルが起きやすくなります。

何度も肌トラブルを繰り返して、肌の炎症状態が続いてしまうと、炎症の赤みが色素沈着してしまいますので、敏感肌やアトピー肌などで肌が弱く、肌のトラブルを頻繁に起こしやすい肌質の方は、何度も肌トラブルを繰り返さない様、特に注意して下さい。

トラブル肌の専門家が開発した「赤ら顔専用美容液」

Nu:アカラフォーミュラ(赤ら顔専用美容液)

Nu:アカラフォーミュラ(赤ら顔専用美容液)

美容液は「赤ら顔専用美容液のNu:アカラフォーミュラ」がおススメ! セイヨウサンザシエキス、アルニカ花エキスが配合されており、お肌のお手入れはこれ1本でOKです。一般の化粧品に比べて、約20倍以上の水溶性コラーゲンを使用しており、お肌のケアと一緒に美肌への再生を手助けします。また、保湿力も高く乾燥肌にも最適です。トロッとした感触とリッチな使用感が体験いただけます。

Nu:アカラフォーミュラ


↑ PAGE TOP