赤ら顔と温度の関係|血管は温度変化に対して体温を一定の温度に保とうとして収縮・拡張している

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126

男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 赤ら顔・肌トラブル > 赤ら顔と温度の関係

赤ら顔と温度の関係

赤ら顔は皮膚炎を繰り返したり、ニキビ跡が炎症して起きる場合もありますが、温度や自律神経の働きによって顔の毛細血管が拡張して血液の流れが滞り、うっ血した状態になることで、顔の皮膚を通して血液の赤い色が透けて見える状態の事を言います。

毛細血管の拡張で血液の色が透けて見えて赤ら顔になる

赤ら顔と温度の関係

毛細血管の拡張は自律神経によって起き、血管は温度によって収縮したり拡張したりします。冬の季節などに寒い外気に顔がさらされると、顔の毛細血管は体温の低下を防ぐために拡張します。そして寒い場所から暖かい室内に入った時には、急な温度変化と自律神経の働きによってさらに毛細血管が拡張した状態になり、うっ血した血液の色が透けて見えて赤ら顔の症状が出てしまいます。また、毛細血管の収縮が弱い人の場合は、拡張した毛細血管が元に戻るのが遅い為、赤ら顔の状態が長く続いてしまいます。

血管は外気の温度変化に対して、体温を一定の温度に保とうとして収縮したり、拡張したりしています。特に顔は常に露出しており、体の他の部分よりも皮膚の厚さが薄い為、温度の変化に敏感に反応して血流量が増え赤ら顔の症状が出てしまいます。

夏の暑い時に急に冷房の効いたところに入ったり、冬の寒い時に暖房の効いたところにいきなり入った時に顔が赤くなるのは、通常は一過性のものであり、その場所に暫くいれば毛細血管の血流が次第にゆっくりになり、毛細血管の拡張が治まって顔の赤みは元に戻ります。

しかし、寒い地方に住んでいる人に多く見られる毛細血管拡張症による赤ら顔で悩んでいる人の場合は、温度差によって血管の拡張と収縮が頻繁に行われて血管の弾力が低下し、常に毛細血管が拡張した状態になり、赤ら顔の状態が長く続いてしまいます。

寒い冬の季節に長い時間寒い屋外にいたり、寒い屋外から暖かいところへ移動した時などの温度差による赤ら顔は、誰にでも起こり得ることです。毛細血管拡張症にお悩みの方や通常よりも顔の皮膚が薄くなっている敏感肌、乾燥肌の方は特に温度差の影響を受けやすいですので、正しいお肌のお手入れと、温度差の影響を受け難い服装で対処することが大切です。

赤ら顔専用美容液とマグネテラピー美容法

Nu:アカラフォーミュラ(赤ら顔専用美容液)

Nu:アカラフォーミュラ(赤ら顔専用美容液)

美容液は「赤ら顔専用美容液のNu:アカラフォーミュラ」がおススメ! セイヨウサンザシエキス、アルニカ花エキスが配合されており、お肌のお手入れはこれ1本でOKです。一般の化粧品に比べて、約20倍以上の水溶性コラーゲンを使用しており、お肌のケアと一緒に美肌への再生を手助けします。また、保湿力も高く乾燥肌にも最適です。トロッとした感触とリッチな使用感が体験いただけます。

赤ら顔専用美容液 Nu:アカラフォーミュラ

マグネテラピー美容法で赤ら顔改善

自律神経の働きが原因で「気温の寒暖差で顔が赤くなる」「緊張で顔が赤くなる」など、赤ら顔の症状が出ている場合は、皮膚科的な治療では改善できません。

ヌーベルエステティックでは、赤ら顔の改善に「マグネテラピー美容法」をご案内しています。マグネテラピー美容法は、本来人間が持っている自然治癒力を引き出し、健康な素肌を取り戻す美容法です。真皮まで届く微弱電流が真皮細胞の新陳代謝を促進させて細胞賦活作用をもたらし、赤ら顔などの皮膚トラブルを改善します。

マグネテラピー美容法

マグネテラピー美容法


↑ PAGE TOP