日常生活での赤ら顔のケアと改善|赤ら顔の方にお勧めの洗顔方法と食生活改善について

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126

男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 赤ら顔・肌トラブル > 赤ら顔のケアと改善

日常生活での赤ら顔のケアと改善

赤ら顔でお悩みの方は、皮膚が薄くなっている可能性があり、肌の状態が非常に敏感ですので、日常生活の中でもお肌のケアに気を配ることが大切です。

お肌の手入れの基本は洗顔です。赤ら顔の方におススメの洗顔方法を実践して、顔に刺激を与えないように注意して下さい。また、お肌の健康に留意した食事をして、食品添加物を取り込まないように注意し、規則正しい生活に心掛けて下さい。

赤ら顔のケア~お肌の手入れの基本は洗顔

お肌の手入れの基本は洗顔です。どんなに遅く帰宅しても、疲れていても、顔だけは必ず洗う習慣を付けて下さい。また、入浴時にも洗顔をすると思いますが、シャンプー剤から肌を守る為、必ずシャンプーをした後に洗顔をする様にして下さい。

赤ら顔の方におススメの洗顔方法

赤ら顔の方におススメの洗顔方法

入浴時に洗顔する時は、当サロンの石けん(Nu:モロカンクレイソープ)または無添加の純石けんを用意します。お風呂に入り肌を十分にふやかしてから、手のひらで石けんを泡立ててから顔を洗って下さい。泡立てネットは不要です。目の周辺と頬は擦らずにソフトに洗います。この方法を2回繰り返して下さい。1回目はクレンジングとして行い、2回目は毛穴に詰まった汚れを取ったり、老化した角質を取る目的で行います。石けんが肌に残らない様にする為に、すすぎは20回以上、十分に行って下さい。

そして、最後の仕上げは、水ですすいで下さい。洗顔後は、タオルで軽く叩く程度にして肌に湿り気を残しておき、保湿効果のある美容液をすぐに付けて下さい。乾燥が気になる場合は、美容液を重ね塗りして様子を見てください。油分の多いクリームや乳液はなるべく避けましょう。

お化粧を落とす時は、クレンジングや洗顔クリームを使わずに、入浴時の洗顔と同じ様に2回洗い流せばメイクが落とせます。なお、朝の洗顔ではクレンジングする必要がありませんので、1回の洗顔で大丈夫です。乾燥肌が気になっている方は、朝の洗顔では石けんを使わなくても構いません。

顔に刺激を与えない

赤ら顔や敏感肌でお悩みの方は、皮膚が薄くなっている可能性があり、肌の状態が非常に敏感になっていますので、刺激を与えないように注意しましょう。洗顔で使うタオル、枕や寝具など、顔に触れるものは清潔にするように心掛け、髪の毛もヘアスタイルに気を付けて、肌に触れないようにすることが大事です。必要以上に神経質にならなくてもよいですが、顔に触れるものについて、少し気にするようになれば、赤ら顔や敏感肌の症状も大分変わってきます。

また、肌の乾燥にも気を配り、肌の保湿にも気を付けて下さい。そして、肌の様子を見ながら、ご自分の肌に合った美容液を使用し、化粧品の使い過ぎには注意して下さい。

赤ら顔・敏感肌の方におススメの美容液

赤ら顔・敏感肌の方におススメの美容液

ヌーベルエステティックでは、赤ら顔でお悩みの方々の為に開発した「赤ら顔専用美容液 Nu:アカラフォーミュラ」をご案内しています。セイヨウサンザシエキス、アルカニ花エキス配合の赤ら顔専用美容液で、絶妙なレシピで繰り成す相乗効果が、今までの業界の常識を遥かに超えたクオリティを実現。赤ら顔にお悩みの方々が「最後に行き着く一本」を作ろうと一切の妥協をしないで完成させた自信作です。

赤ら顔専用美容液 Nu:アカラフォーミュラ

食生活の改善

食生活の改善

お肌の健康に留意した食事をして、食品添加物を取り込まないように注意して下さい。きれいな体は体液の浄化から始まります。体液をきれいにするには、食生活の管理が一番のポイントです。口から入ったものが、体の血となり肉となります。加工食品にはどうしても防腐剤などの食品添加物が入っていますので、加工食品を食べれば必ず食品添加物を体内に摂り込むことになってしまいます。食品添加物を口にしない為には、自分で材料を選んで食事を作ることが大切です。安心できる材料で、おいしく食べる工夫をすることが、安全で肌によい食生活の為の基本になります。

また、食生活の改善だけでなく、規則正しい生活にも心掛けて下さい。不規則な生活や睡眠不足が続くと、身体の機能が低下して、お肌にも影響しますので、日常生活から見直して赤ら顔を改善していくことも大切です。


↑ PAGE TOP