紫外線と活性酸素の影響で肌がダメージを受けて赤ら顔になるケース

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126

男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 赤ら顔・肌トラブル > 紫外線と赤ら顔

紫外線と活性酸素の影響で赤ら顔になるケース

紫外線はシミやシワなどの肌トラブルを引き起こす原因として知られていますが、紫外線が原因となって赤ら顔の症状がでてしまう場合があります。紫外線には肌にとって有害な物質が多く含まれている為、紫外線を浴びるとその有害な物質から肌を守る作用として、体内に大量の活性酸素が発生して色素沈着が起きやすくなり、それが赤ら顔の症状の原因になったりシミの発生へ繋がる場合があります。

紫外線と活性酸素の影響

紫外線と活性酸素の影響

紫外線を浴びて体内に発生する活性酸素は本来、紫外線の影響から肌の細胞を守る為に発生しますが、強力な酸化作用で有害な物質を退治してくれます。しかし、活性酸素の殺菌能力は強力ですので、増え過ぎてしまうと返って肌に悪影響を与え、皮膚の脂質が酸化して色素沈着やシミの温床となる過酸化脂質が作りだされてしまいます。そして皮膚の線維組織やコラーゲンなども悪影響を受けて、肌のみずみずしさも失われてしまいます。特に紫外線対策をしないで初夏から真夏にかけての炎天下で強力な紫外線を浴びてしまった場合は、活性酸素の発生も活発になります。炎天下でも外出しなければならない場合は、日傘や帽子、日焼け止めを日頃から利用して日焼け対策をすることが大切です。

紫外線と活性酸素の影響で色素沈着が起きることで、肌が赤くなり赤ら顔になってしまいますが、褐色に色素沈着してしまうとシミになります。そして、紫外線を多く浴びてしまうと皮膚組織の奥にある真皮まで影響を与えて、肌が炎症を起こしてしまう事があります。肌が炎症を起こしている部分にさらに紫外線を浴びてしまうと、活性酸素の影響で毛細血管が膨張して血管が透けて見える様になり、肌が赤くなって赤ら顔になってしまいます。

肌が薄く敏感肌の方は、紫外線により肌がダメージを受けやすいので特に注意が必要です。敏感肌で外部からのダメージを受けやすい方は、日頃から紫外線対策をしっかりと行う必要があります。また、紫外線を使った美容法や治療法もありますが、副作用として肌が赤くなってしまうケースもありますので、事前に良く調べて、治療を行う場合は医師とよく相談してから実施するようにして下さい。

トラブル肌の専門家が開発した「赤ら顔専用美容液」

Nu:アカラフォーミュラ(赤ら顔専用美容液)

Nu:アカラフォーミュラ(赤ら顔専用美容液)

美容液は「赤ら顔専用美容液のNu:アカラフォーミュラ」がおススメ! セイヨウサンザシエキス、アルニカ花エキスが配合されており、お肌のお手入れはこれ1本でOKです。一般の化粧品に比べて、約20倍以上の水溶性コラーゲンを使用しており、お肌のケアと一緒に美肌への再生を手助けします。また、保湿力も高く乾燥肌にも最適です。トロッとした感触とリッチな使用感が体験いただけます。

Nu:アカラフォーミュラ


↑ PAGE TOP