シミでお困りではありませんか? 食事面で抵抗力を強めてシミを予防する

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126

男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 美的コラム > シミ

シミができる原因を避け食事面で抵抗力を強めてシミを予防

タンパク質

シミでお困りではありませんか? シミができやすい人というのは、その原因である紫外線や化粧品に対して過敏症、つまり抵抗力が弱いのです。シミができる原因を避けることも重要ですが、食事面で抵抗力を強めてシミを予防することが大切です。

新しい肌がつくられる際、最も重要な栄養素はタンパク質です。良質なタンパク質は肌の代謝をスムーズにさせるので、よく選びたいものです。どの様な食物からタンパク質を摂るのかは意外に大切なことですが、お肉には脂肪分が多く含まれているので、脂肪分の少ないお肉、豚肉より牛肉、それよりも鶏肉、それよりもアジ・サバなどのお魚。一番よいタンパク質は大豆です。納豆やお豆腐、煮豆などがよいタンパク質です。

タンパク質は内臓や筋肉、骨、髪の毛、皮膚を構成する重要な要素です。タンパク質は真皮に弾力性を持たせているコラーゲンの主成分でもありますが、タンパク質が不足すると皮膚が薄くなったり、弾力性がなくなるのでシワの原因にもなります。

次に重要な栄養素は鉄分です。鉄分が不足すると貧血や疲れやすくなったりしますが、実は貧血がシミが出来やすくなる一因になっています。レバー、あさりなどは鉄分も多く含まれているのでお勧めできます。レバー、あさりの他に鉄分が多く含まれている食品は、ほうれん草、ひじき、大豆製品、海苔、煮干しなどです。

そしてシミの原因となるメラニン色素を分解してくれるビタミンCは、鉄分の吸収を助けてくれ、ストレスを緩和してくれる効果もあります。鉄分を余分に摂取しても体外に排出されてしまい安心なので、積極的に摂ってほしいのですが、空腹時に摂ると胃に刺激となることがあるので気を付けてください。

シミができやすい人に注意していただきたいのは、レタス、レモンの皮、パセリ、セロリ、人口甘味料などです。これらには日光に対して、肌を過敏にする成分が含まれていますので、紫外線の強い季節、外出前など食べ過ぎに注意しましょう。

↑ PAGE TOP