自己流の小ジワ改善マッサージは、返って小ジワをつくる原因かもしれません。

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126

男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 美的コラム > 小ジワ

小ジワが気になったらタンパク質やビタミンC、ビタミンAをたっぷりと摂取

水

人は年齢を重ねて歳をとれば、シワができてしまうのは避けられませんが、シワはどうしてできてしまうのでしょうか? シワには老化ジワと乾燥ジワがありますが、特に女性が気にするのは、目尻の横などにできてしまう小ジワだろうと思います。

小ジワの予防や小ジワをなくす為に色々な方法やマッサージが紹介されていますが、もしかしたら、皆さんがやっているかもしれない自己流の小ジワ改善のマッサージは、返って小ジワをつくる原因になっているかもしれません。

皆さんは学校の理科室などに置いてあった人間の身体の標本がどういったものだったか覚えていますか? 特に顔の部分の標本ですが、筋肉が複雑に流れてはいなかったでしょうか? マッサージなどは、やればやるだけ筋肉疲労を起こして、小ジワを作る原因となってしまいます。プロのエステティシャンでさえ、自分の顔のマッサージはできません。顔のマッサージは、それくらい難しいものですから、自己流なんてもってのほかです。もし自分でマッサージを行うのであれば、軽く肌をパンパンと叩いて刺激するくらいがベストです。

目尻の横などには、カラスの足跡みたいな小ジワが年齢とともに増えてきますが、そのままにしておくと、いつしか定着してしまいます。若い頃は少々の小ジワなんかほとんど気にせずにいられますが、自分の年齢を気にし始めると、途端に小ジワが気になってきます。

そこで、マッサージの他、パックやクリームなどいろんな対策を講じることになります。パックは皮膚をつっぱらせるので、一時的にシワを伸ばす効果がありますが、すぐに元に戻ってしまいますので、根本的な解決策にはほど遠いものです。

小ジワが気になる場合は、食事に気をつけてタンパク質やビタミンC、ビタミンAをたっぷりと摂取する様にして下さい。良質なタンパク質とビタミンCによって、体内でコラーゲンを生成します。もちろん、コラーゲンを多く含む食品をそのまま食べてもOKです。その方が効果がでてくるのが速いかもしれません。コラーゲンは牛すじ、豚足、にこごりなどに豊富に含まれています。

そして、ビタミンAは新陳代謝が鈍くなった肌が角質化して弾力性が衰えるのを防いでくれます。このビタミンAは人参などに多く含まれていますが、人参にはビタミンCを壊してしまう酵素が含まれていますので覚えておいてください。これは加熱で解決できますので、人参は温野菜などにして食べてください。それから当然のこととなりますが、小ジワの改善・対策に乾燥は絶対禁物です。

↑ PAGE TOP