外食ばかりでなく、のんびり料理をするのも美容と健康には大切

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126

男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 美的コラム > 外食

余裕のある食事は化粧品ばかりに頼るよりも、ずっとお肌に有効です。

料理

外食ばかりではなく、お休みを利用して、のんびりと料理をすることのオススメです。現在、一人暮らしをしている方や、仕事で忙しい皆さんに、外食ばかりではなく、たまには家でのんびり料理をしてみて欲しいと思っています。

食事というのは、一種の精神文化と言ってもいいくらい、心理的な要因が味を強く左右するといいます。ゆったりとした食事をするか、セカセカと食事を済ませていまうかで、料理の味が違うばかりでなく、消化の進み具合も大きく異なり、お肌にも大きく影響してきます。

外食ばかりでは栄養面でも偏りがちです。栄養面を考えていても同じものばかり食べていると・・・。例えば牛肉とほうれん草ばかり食べていると、その成分であるシュウ酸が結石を作る原因になったりもするなど・・・、身体のトラブルにもつながりかねません。また、外食の場合は料理に使われている油が古かったりとかしてもいけませんし、どういった材料が使われているのか分からないのも不安になります。食品添加物、抗生物質、農薬などが含まれている可能性があるかもしれません。

ご自分で料理をする場合は、自分でスーパーマーケットで料理の素材を選ぶのも案外楽しいものです。自分で料理すればカロリーコントロールもできるし、素材に対する安心感もあります。また、時間的余裕は精神的余裕につながり、ストレスも緩和されて、美容と健康には大切なことです。

余裕のある食事は、お肌の手入れで化粧品ばかりに頼るよりも、ずっとお肌に有効です。あなたの食べた物があなたのお肌をつくるのですから、たまには食事に時間を割いてあげてください。休日に作り置きしておくのもいい手だと思います。ついでになりますが、自分で揚げ物をする際は、なるべく小さいお鍋を使って、油は1回で捨ててしまいましょう。

古い油は美容上よくありませんし、過酸化脂質(身体のサビ)が溜まってしまえば、健康まで害してしまうことにもなりかねません。外食の際も揚げ物類は避けた方が無難かもしれません・・・。

↑ PAGE TOP