ぬるめのお風呂にじっくり浸ることで、お肌の新陳代謝をよくする効果があります!

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126

男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 美的コラム > 入浴

みなさん、お風呂にのんびりと浸ってリラックスしていますか?

お風呂でリラックス

みなさん、
お風呂にのんびりと浸ってリラックスしていますか?

  • 疲れているから、面倒くさいから、夏などは暑いからなどの理由でシャワーで済ませている人
  • 半身浴でじっくりとお風呂に浸る人

など、その時の状況や習慣で違いがあると思います。

シャワーで済ませている人にも、ぜひともお風呂で汗をかいて頂きたいものです。特に運動して汗をかいている人には、お風呂にのんびりと浸ることをおススメします。なぜなら、運動による汗はあくまでも体温調節ですので、運動してかく汗と入浴でかく汗の性質が違うからです。

お風呂でぬるめのお湯にじっくりと浸ることで、新陳代謝がよくなり、毛穴の奥から老廃物を出すことができます。また代謝が高まることで、新しい肌の生まれ変わり(ターンオーバー)もスムーズになり、肌が柔らかくなります。不要な角質を落とす際にも、肌が柔らかくなっていますので、角質も落ち易く肌を傷付け難くなり、蒸しタオルを用意する必要もありません。

ぬるめのお風呂にじっくりと浸ることは、疲労回復やリラックス効果もあります。ただし、たくさんの汗をかきますので、水分補給を忘れないようにしてください。水分補給時は、身体が温まっていますので、冷たい飲み物を欲すると思いますが、冷たい飲み物はよくありません。せっかく身体が温まったのに内側から冷やさない方がよいのです。たまには温かいものを飲みながら、のんびりとお風呂に浸るのもよいことです。

お風呂のお湯の温度は「ぬるめ」がベストでしょう。たくさん汗をかこうとして就寝前に熱いお風呂に浸ってしますと、神経が高ぶってなかなか眠れなくなってしまうからです。逆に朝入浴する場合は、熱めのお風呂に浸って、身体の芯から目を覚まさせてあげましょう。

ぜひ一度、のんびりと30分でも1時間でもいいので、ぬるめのお風呂にじっくりと浸ってみてください。シャワーで済ませてしまった時とは全く違う肌の質感を感じられると思います。

↑ PAGE TOP