ケロイドと古いやけど跡を驚くほどきれいに消すマグネテラピー

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126
男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 赤ら顔の改善実例 > ケロイドと古いやけど跡

ケロイドと古いやけど跡を驚くほどきれいに消すマグネテラピー

30年前のケロイドがマグネテラピーできれいになった

1歳半の時にやけどをしたので、既に30年以上経っていました。やけど跡を消すことができないか? あちこちの美容整形医に相談しに行ったそうですが、ケロイド体質なので「やけど跡を消す為の再手術は無理」と言われたということです。

例え無理に再手術をしたとしても、そこがまたケロイドになってしまう。お尻の皮膚をはぎ取って、やけど跡に移植してやけど跡を消すケースもありますが、彼女のようにケロイド体質だと、皮膚をはぎ取ったところや移植したところがケロイドになってしまうそうです。

それではやけど跡をきれいに消すために移植手術をしても意味がありません。そこでマグネテラピーを週2回、月8回ペースでやることに決め、期間は最低でも2年は続けると決めたのです。ところが仕事で忙しかったりして、途中で休んだりしたため、きれいになるまでに結局3年ちょっとかかってしまいました。

でも、きちんと時間をかけて根気よく続ければ、真皮にも自己回復のエネルギーが届き、新陳代謝が行なわれるようになることは証明されました。やけど跡やケロイドを抱える人は、いわゆる「古キズ」が多いものですが、でも決してあきらめる必要はありません。彼女のやけどは赤ちゃんの時。こんな古いやけど跡やケロイドでもマグネテラピーをすれば、それなりの効果が得られるのです。

画像転写厳禁

※お写真やメッセージの公開には、ご本人のご承諾をいただいております。

ケロイドが驚くほどきれいに消えるマグネテラピー

重度のやけどをしてケロイドになってしまうことがよくあります。お医者さんに行って治療をしてもらうと、やけどをした部分が乾いてきたら、「もうやけどは治った」ということで、治療はおしまいです。

後は美容上の観点から皮膚移植をしたりする訳ですが、これがなかなかうまくいきません。ケロイドは紫色になったり、赤くなったり、盛り上がったりしますが、例えそれが小さい頃のやけどであっても、やけど跡は形を変えながらそれ自体は消えません。

これは真皮の新陳代謝がないために跡として残るからです。お腹を手術した人でも、よほど上手に縫合しないと、手術跡がはっきり残ってしまいます。盲腸の手術を受けたことのある人は、ご自分の手術跡を見てみれば、縫合が上手だったかどうかすぐ分かります。

とにかく、真皮が新陳代謝しないため、何十年たってもケロイドは消えない。2010年3月に博多から来た若い男性がケロイドで盛り上がって、色も赤かったのが平らになり、色も消えたケースもありました。マグネテラピーが有効なのは、美容液と美容機器がつくりだす磁界が真皮にまで到達して代謝を促すからです。

ケロイドで盛り上がっているのを平らにすることは難しいのですが、変色したものを元の皮膚の色に近付けることは可能です。真皮が徐々に上まで上がってくるのにしばらくかかるので、10回位マグネテラピーをやっても、見た目にはなんの変化もないように見えが、20回目位から、変化がかすかにあらわれて、きれいに消えてきたのが見て分かるようになってきます。


↑ PAGE TOP