ニキビの原因となる6つの要因と対処法~ニキビ跡の肌も実例写真の様に見違えるほど改善

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126
男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 赤ら顔の改善実例 > ニキビの原因となる6つの要因と対処法

ニキビの原因となる6つの要因と対処法

マグネテラピーで、実例写真のようにニキビ跡も見違えるほどきれいに改善します。ニキビ跡については、そのニキビ跡に先立つニキビそのもの(吹き出物=大人のニキビ)で悩んでいる方は大変多いものです。ニキビの要因として(食生活の乱れ・ストレス・便秘・メイク・酒/タバコ・虫歯)などが考えられます。

  1. 食生活の乱れ
    食べ物は体の全てに影響を与える。体質もありますが、何を食べるかでニキビができたりできなかったりしますので、食生活の改善が必要です。
  2. ストレス
    心身にストレスが溜まると、自律神経がうまく動かなくなり、ホロモンバランスを崩して免疫力が低下、肌上の雑菌やダニが繁殖しやすくなります。
  3. 便秘
    便秘になることで、体が持っている本来のリズムが狂うと、ホルモンバランスも崩れてしまいます。そのことがニキビの原因になります。
  4. メイク
    不完全な洗顔により残った化粧品が毛穴を詰まらせ、油分が酸化して雑菌が繁殖し、ニキビができやすくなります。
  5. 酒・タバコ
    いずれも過ぎると健康に良くない。肌への影響が大きく、結果的にニキビができやすい体質になります。
  6. 虫歯
    虫歯のある人は、よく咀嚼(そしゃく)できないので、消化不良を起こし栄養が十分に吸収されない。このことがニキビの遠因になるのです。

画像転写厳禁

※お写真やメッセージの公開には、ご本人のご承諾をいただいております。

ニキビは皮脂の分泌が多く出るところ、つまりTゾーン(額から鼻にかけての部分)にできるのは普通ですが、乾燥しやすいと言われているUゾーン(両頬からアゴにかけての部分)にもできるのは何故でしょう。

ニキビの原因は前述したようにひとつではなくて、様々な生活習慣の中から出てくる日常生活の鏡です。Uゾーンにできるのは新陳代謝が悪くなり、その結果、角質が厚くなり皮脂腺から皮脂が出にくくなるためです。白く化膿したり、酸化して黒くなったり、炎症を起こして赤くなったりします。こういう場合の予防と解決法は、後述する「毒素排泄法」と「ピーリングタオル」が効果的です。

ニキビが顔にできると「石けんで何回も洗顔するのがよい」と言いますが、洗顔はせいぜい1日2、3回でやめておく方がよいでしょう。それ以上は洗い過ぎで、返って皮膚の自然な回復力を損なうことになるからです。

ニキビは一般的に20歳前後までには消えてしまうものです。それでも消えない場合は食生活を見直して改善してみてください。ニキビ肌の人の食生活を見ていると、アイスクリームなどの甘いもの、インスタントラーメンやスナック菓子、チョコレート、ピーナッツ、ココア、ハム、ベーコン、ソーセージなど脂肪食品を好んで食べる傾向が見られます。

こうした食生活を続けていると、体が悲鳴を上げて、そのしわ寄せが皮膚の弱いところに出てくるのです。間違った食生活を続けていると、生活習慣病だけでなく、肌のトラブルも招く。その一つの典型的な例がニキビと言ってよいでしょう。


↑ PAGE TOP