マグネテラピーと食生活の改善で、バストとヒップの肌われ・肉割れをきれいに消す事ができた

お問合せ・資料請求
Tel.0120-978-126
男性の方もお気軽にお問い合わせ下さい!
受付10:00~18:00(日/祝祭休業)

赤ら顔HOME > 赤ら顔の改善実例 > バストとヒップの肌われ・肉割れ解消

マグネテラピーと食生活の改善でバストとヒップの肌われ・肉割れをきれい消す

肌われ・肉割れは、急激に短期間で太ってしまった時などにできますが、皮下脂肪が多く付いている部分に発生し易く、太ももやお尻、お腹やふくらはぎなどによくできます。人によっては、背中にも肌われ・肉割れができたという人もいます。

バストとヒップの肌われ・肉割れに悩む「コロンブスさん」

「コロンブスさん」というあだ名で呼ばれている太めの女性がいました。何故コロンブスかというと、「コロコロ太っていて、ブス」という意味。ずいぶん意地の悪いあだ名です。

しかし、こんなあだ名が付くようでは、女性としては人生真っ暗闇。彼女は男の人が「異星人」くらい遠い存在に感じられ、恋愛などは期待できないと思っていました。

当然のごとく、彼女の人生観はかなり悲観的なもので、カウンセリングで私が何を聞いても、返ってくる答えはネガティブなものばかり。このまま一生「コロンブスさん」でいるつもりとしか思えませんでした。でも、彼女は本当にブスかというと、私の目にはそう映らない。たしかに太ってはいましたが、「ブス」は余計に思えたのです。まず彼女の生活ぶりを聞いてみることにしました。

すると、間食がすごく多いことが判明したのです。運動はほとんどせず、スナック菓子、果物、ジュース、コーラ、ケーキ……こういうカロリーの高い食べ物を好きなだけ食べ、休日はテレビを付けっ放しにして終日家の中でゴロゴロしているという生活。これでは太らない方がおかしいというものです。

画像転写厳禁

※お写真やメッセージの公開には、ご本人のご承諾をいただいております。

マグネテラピーと食生活の改善で大変身

肥満で太ってしまった結果、バストやヒップに肌われ・肉割れが出てきたのは自然の道理です。ただ、肌われ・肉割れにはダイエットで体重を減らしても、そのまま残ってしまうという厄介さがあります。といっても、彼女の場合は、まず痩せる必要がありました。そう思った私は「食生活の改善」ことを提案しました。それと並行してマグネテラピーをやってもらうことにしたのです。幸い彼女は指導には素直に従ってくれました。

結果は? 1年後、彼女の体重はマグネテラピー開始時に75キロあったのが65キロになりました。2年後、体重は57キロへ。彼女は身長が165センチと高いので、体重はもうこの辺が適正レベルといってよい。彼女がどうやって体重を減らしたかというと、好きな間食をやめただけです。

現在、ほとんどの女性がダイエットに関心を持っていますが、大半は痩せ過ぎ志向といっていい。痩せ過ぎは体調を狂わせ、免疫力や新陳代謝の機能を損なってしまいますから要注意です。食べ過ぎをやめれば、それだけでも体重は適正に戻るのです。

顔の方も「ブス顔」と言われていたのが信じられないくらい「美人顔」に大変身。もともと愛くるしい素顔だったのが、肥満で目鼻だちのバランスが崩れただけでしたから、適正体重に戻るだけでみんなから「きれいになったわね」と言われて当然だったと言えます。

ところで彼女の場合、肝心の肌われ・肉割れはどうなったかというと、食生活の「食い改め」とマグネテラピーを並行したことも手伝って、極めてスムーズに改善し、まったく肌われ・肉割れ痕を残すことなく、バストとヒップの肌われ・肉割れは、きれいに消すことに成功しました。


↑ PAGE TOP